赤ちゃんのミルク作りに水道水は危険!

水道水は飲料水ではありません!

水道水2.jpg

赤ちゃんのミルクに水道水を使ってはいけないことは
今や周知の事実です。

それはなぜか?

なぜなら水道水は細菌の目的で使用されている塩素が人体、
特に赤ちゃんに影響を及ぼす恐れがあるからです。

水道水は河川水や海水、地下水や生活用水を浄水場などで浄化・殺菌という
長い工程を経てようやく水道水として利用できます。

その間に浄化・殺菌で使用される塩素など多くの成分が水道水に残留物質として残り
独特の臭いや、トリハオメタンなどの発がん性物質などを含んでいると
指摘されています。

ある程度免疫ができた大人であれば問題ありませんが、
免疫力の無い赤ちゃんや妊婦さんなどは中枢神経や臓器に悪影響を与え
最悪の場合、流産を引き起こす危険性もあると言われています。

また、赤ちゃんなど小さな子供が服用すると、アトピー性皮膚炎や喘息など
様々な病気の発症率を高める恐れがあります。
子供 病気2.jpg

もちろん今は、残留物質が少なくなるよう研究が進んでいますが、
年を追うごとに水質が悪化していることもあり、浄化・殺菌技術が
人体の安全値を超えるまできていないのが現状です。

どうしても水道水をミルクに使わざるを得ない場合は
念入りに煮沸して、少しでも残留物質を取り除くようにしてください。

あなたの赤ちゃんはあなたしか守れません。
大切な赤ちゃんのために努力は惜しまないでくださいね。






posted by はやとd4bu at 15:40 | Comment(0) | 赤ちゃんのミルク作りに水道水は危険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
体操運動
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。